投資不動産

不動産投資と金融商品の比較

不動産投資は、
昨今の低金利や少子高化による将来の年金不安などにより、
にわかに注目されている投資にひとつです。

 

 

では不動産でどのような利益を得られるのか考えてみましょう。

 

 

株式投資では、株を売買する時に、安く買って高く売ることで、
売買差益で利益を得る方法があります。

 

 

それと同じように、
不動産を安く購入して高く売ることで、その差益を得る方法があります。

 

 

このように売買益で利益を得る方法をキャピタルゲインと呼びます。

 

株式投資ではこのキャピタルゲインを目的に投資を吸えう人が多いようですが、
不動産投資では、バブルの時のように不動産価格がどんどん上がる時ならばそれも良いのですが、
昨今のような不景気の時代では、不動産でキャピタルゲインを望むことはあまり期待できません。

 

 

それに引き換え、株式投資ではもうひとつの利益のえ方があります。

 

 

それは配当や株主優待で利益を得る方法です。

 

 

不動産投資にも同じような考え方で利益を得る方法があります。

 

 

それは、不動産を賃貸して、その賃料によって利益を得る方法です。

 

株式投資の配当や株主優待もそうですが、このような利益をインカムゲインと呼びます。

 

 

現在の不動産投資では、このインカムゲインが主流ということができます。

 

 

 

不動産投資と他の金融商品の違い

 

 

株式投資やFX、投資信託など、
ほとんどの金融商品の取扱窓口は銀行や証券会社といった金融会社ですが、
不動産の取扱窓口は誰でも知っているとおり不動産会社です。

 

 

その他に違うところといえば資金の大きさです。

 

金融商品には数万円単位から取引ができるものがありますので、
学生やサラリーマン、主婦に至るまで火行えます。しかし不動産投資ではそうはいきません。

 

 

確かに頭金さえあれば、その他は住宅ローンなどの借入を活用すれば、
最初に必要な頭金は用意できるかもしれませんが、
たとえワンルームマンションであっても小さな金額ではないのが事実です。

 

 

 

そのため不動産物件の購入は、普通の学生や主婦などがはじめるには、
大きな壁となってしまいます。だから不動産を購入する際には、
慎重に慎重を重ねた上で購入することが重要になってきます。

 

 

 

しかしその反面、毎日の値動きや情報などを気にする必要はありません。

 

「チャートが気になり全く眠れなかった」なんていうことはありません。

 

空室などに注意をして運営をすることで、
毎月安定した収入が得られるのは、他の金融商品とは違うところです。


流動資金の運用

不動産投資のデメリットである流動性を補う為には、流動資産の運用も不動産投資と合わせて行う必要があります。

 

流動資産のとは、

 

現金

 

 

定期預金

 

普通預金

 

これらが代表的な流動資産と言えますが、メリット・デメリット双方を備えているため、資産運用の効率を考えた場合、

 

これらにプラスして投資信託での運用をお勧めします。

 

投資信託は、投資のプロに運用を任せる形になりますので、手数料などの経費が掛かってしまいますが、
それでも、定期預金などよりは利益率が高く、株に比べると大きくリスクも少ないなるパターンが殆どになります。

 

ただし、投資信託と言えども投資になりますので、やはり投資商品を選ぶコツや方法を学んだ方がより利益を上げ、
損失をおさえる可能性が高くなります。

 

投資信託の基礎知識

 

投資信託での運用経験が少ない人は、上のリンクをクリックして是非、投資信託とは?を学ぶようにしてください。

 

不動産投資と投資信託を組み合わせる事で、より理想的な資産運用が可能になってくるのです。